水回り

 洗面所、トイレ、バスルームの水回りは家事全般の負担が左右される大切なポイントです。水回りは利便性ばかりが目にいきがちですが、実は配慮すべき点がたくさんあります。快適な水回りを作るためのポイントをまとめました。

水回りで失敗した・後悔した先輩の声

水回りは多くの機能が詰め込まれている場所。建てた後に後悔しないためにも先輩たちの失敗例からポイントをしっかり把握しておきましょう。

2階に水回りをまとめたけど…

我が家はバスルーム、洗面室などの水回りは2階にまとめました。普段の家事導線は良いのですが、子どもが足を骨折したときに入浴の度に2階に上がるのが大変そうでした。それに、高齢の親を自宅でお世話する可能性もゼロではないし、水回りは1階が良かったのかも?

  • 対策方法
    最近は2階にバスルームと洗面所を設置する間取りが増えています。洗濯が終わったらすぐにべランダで洗濯物が干せますし、1階に比べて通気性が良いので浴室のカビ対策にも有効ですが、足が不自由になった場合を考えると不便です。メリット・デメリットをふまえた上で水回りの場所を決めておくと安心ですね。

トイレの位置が大失敗!

トイレをリビングの近くにしたら音が気になります。特に来客者にはいつも申し訳ないな~と思っています。

  • 対策方法
    間取りの都合上、リビングの隣にトイレを設置する場合は音や臭いを吸収する効果のある壁面を取り入れるのがおすすめです。

洗面所が狭くて失敗!

洗面所はそれなりのスペースがあれば良いと思っていましたが、洗濯機や洗濯かご、ドライヤーなど物であふれかえっています。着替えは一人が限界。朝はみんなで奪い合い。換気扇をつけなかったので湿気もこもるし、もっとしっかり考えれば良かったと後悔しています。

  • 対策方法
    洗面所は小さなスペースに洗面、脱衣、洗濯、収納を詰め込まなければなりません。家族構成や暮らし方のクセが直結する場所でもあるので、家族ひとりひとりの行動を客観的に振り返って洗面室を作りましょう。また、洗面所は湿気がこもる場所なので、窓と換気扇を設置しておくと安心です。

こんな後悔や失敗をしたくない人は…
体験型のショールームに行ってシミュレーションするのがおすすめ!家族みんなで建てた後のことをイメージしながら、実際に見て・触って入念にチェックしましょう!

さいたま市の
ショールームをCheck!

マネしたい成功例!
素敵な水回りを作った先輩の声

水回りをひとつにまとめて大成功

キッチン、バスルーム、洗面所、バルコニーがひと周りになる間取りにしたら、料理をしながら洗濯や浴室の掃除ができたり、「ながら家事」ができるようになり、家事がとても楽になりました。水回りをひとつにまとめると配管設備の工事費用が安く済むのでおすすめです。床材も水にぬれてもふやけにくい物を使ったので手入れが楽になりました。