キッチン

注文住宅でキッチンをつくる際におさえておきたいポイントを解説。先輩たちのリアルな失敗談も参考にしてくださいね。

キッチンで失敗した・後悔した先輩の声

おしゃれで使い勝手の良いキッチンは主婦の憧れ。注文住宅なら思う存分カスタマイズできるので夢が膨らみますね。でも、自由度が高いだけに失敗に陥りやすいのも事実。キッチンで陥りやすい失敗例を覚えておきましょう。

照明を間違えて大失敗

統一感を出すためにリビング、ダイニング、キッチンのLEDを電球色にしたのが失敗。調理しているとすべてオレンジがかった色に見えてしまい、野菜やお肉の傷みを見逃してしまうし、焼き加減も分かりにくいです。あと、パントリーにも照明をつければ良かった。暗いので懐中電灯かダイニングの電気をつけないと物が探せません。

  • 対策方法
    細かい作業が多いキッチンにおいて、照明は作業効率を左右する重要なポイントです。新築かつ注文住宅となると、どうしてもおしゃれな照明をつけたくなりますが、実際に使ってみたら照明があたらなかったり、数が足りなかったりして簡易照明をつけ足したという失敗談がとても多いです。照明の種類や配置を決めるときは「ここに、こんな照明が合ったら便利だな」という実用的な視点で決められると安心ですね。

物の置き場所がない

家を建てるときに持っていた調理家電をベースに収納を考えましたが、もっとゆとりを持たせておけばよかったと後悔。買い足した家電の置き場がなくこまっています。

  • 対策方法
    キッチンの大きさや収納などは今手元にある家電や食器を基準に決めがちですが、家を建てた後には暮らしに合わせて便利なものが増えていくはずです。そのときに収納が足りない、置き場所がないといったことにならないよう、少しゆとりを持って作ったり、棚を固定式にしないなどの工夫が必要です。また、キッチン家電が増えることを想定してコンセントを少し多めに設置しておくと安心ですね。

収納が機能していない

できるだけ多くのものをしまえるように、天井いっぱいの収納を作ってもらいました。でも、実際に使っているのは手が届く範囲の場所だけ。パントリーもキッチンの横にしたけど、重い荷物を玄関から運び入れるのが大変です。

  • 対策方法
    実はキッチンづくりの後悔で一番多いのが収納です。できるだけ多くの収納を設けようと壁面収納を選ぶ方もいますが、実際に使うときは高い場所に収納したものを取り出すのがとても面倒です。結局一番上には使わない物が追いやられる為、実際に「収納」として使うスペースは限られてしまうことになります。また、パントリーはお米やミネラルウォーターなどの重くかさばる物を置くため家の奥にあると家事動線が長くなり不便です。特に、ネット通販を多く利用する人は受け取った荷物をすぐに収納できるよう、玄関近くにパントリーを設けることをおすすめします。

こんな後悔や失敗をしたくない人は…
体験型のショールームに行ってシミュレーションするのがおすすめ!家族みんなで建てた後のことをイメージしながら、実際に見て・触って入念にチェックしましょう!

さいたま市の
ショールームをCheck!

マネしたい成功例!
大満足のキッチンを作った先輩の声

キッチン横にダイニングテーブルを配置して正解

我が家はアイランド型のキッチンですがあえて対面ではなく、キッチンの横にダイニングテーブルを配置しました。対面だと、キッチンからぐるっと回らなければいけないけど、横にあると料理を並べるのがとても楽です。