高砂建設

50年後、100年後も資産価値の残る住まいを提案している高砂建設。家づくりのこだわりや特長、実際に注文住宅を施工した方の口コミをまとめました。

高砂公式HP

引用元:高砂建設公式HP(http://www.takasagokensetu.co.jp/housing/)

高砂建設で注文住宅を建てた方の口コミ評判

  • 木の香りがする家に住むのが夢だったのと、地元埼玉の西川材を使う高砂建設さんの姿勢にひかれて依頼を決めました。完成してからは床に寝転がるのがとても気持ちよく、家の中の空気も清々しく快適です。
  • 1階と2階を吹き抜けにしたかったので、高断熱・高気密に優れている高砂建設さんにお願いしました。こちらの希望にも親身になって耳を傾けてくださり、施工後もお友達のような関係が続いています。
  • 中庭を作って光と風が入る大空間を作りたいという希望を、実現してくださいました。梁や床は西川材を使用。温もりがあるので、長く住み続けたくなる家ができました。

高砂建設の施工事例

中庭に面した部分をすべて開口にした、光と風を感じる住まい

高砂建設施工事例
引用元:suumo公式HP
(http://suumo.jp/chumon/housemaker/rn_takasagokensetu/005710_0001_11/jitsurei/jc_0013/)

屋根の勾配天井をいかした、開放的な平屋住宅

高砂建設施工事例
引用元:suumo公式HP
(http://suumo.jp/chumon/housemaker/rn_takasagokensetu/005710_0001_11/jitsurei/jc_0022/)

2階にいる家族の気配が感じられる、大空間の二世帯住宅

高砂建設施工事例
引用元:suumo公式HP
(http://suumo.jp/chumon/housemaker/rn_takasagokensetu/005710_0001_11/jitsurei/jc_0027/)

他にも、さいたま市で
評判の注文住宅会社をCheck!

超長期優良住宅のモデル事業に選ばれた高砂建設

1975年の創業以来、常に最新技術を取り入れた家づくりを提供し続けている高砂建設。地域工務店としては日本唯一となる3年連続の「超長期住宅先導的モデル事業」に選出され、今では「全棟200年住宅」を謳うほどの強靭な住まいを提供しています。

特徴的なのは、埼玉原産の「西川材」という地元の檜を採用している点です。西川材は強度が高く防虫性に優れているほか、湿気に強いなどの様々な長所があります。この西川材を使い、ソーラーサーキット工法という外断熱と二重通気を組み合わせたオリジナルの技術によって家を建てることで、夏は涼しく冬は暖かい一年中快適な暮らしの実現が可能です。

そのほか、全棟耐震等級3・ヒートショック対策・防カビ・防ダニ・防火対策などの対策にも力を入れ、日本ならではの住環境に適した家を提供しています。

高砂建設の住宅の耐震性

高砂住宅は、地域木材(西川材)使用で業界初の耐震等級3(最高等級)を実現しています。実現のポイントとなったのが、地域木材「西川材(檜)」と「高砂建設の高い技術力」です。

西川材の産地は、一般的な檜・杉産地より北に位置します。ゆっくりと時間をかけて育つため、木目が細かく強い木材になります。とはいえ、自然の木材なので、育った環境や場所などにより強さは異なります。高砂建設は、構造体のばらつきをなくすため、グレーディングマシンで柱の強度を1本ずつ測っています。また、その結果を柱に印字し、格付け・管理を行っています。もともと強い木材を、格付け・管理することでより強い柱としているのです。(一般的な檜のヤング係数E80~90。高砂建設が用いる檜のヤング係数E100以上)。

木材へのこだわりはこれだけではありません。高砂建設は、西川材の木材を6カ月~1年かけて自然乾燥させています。自然乾燥のメリットは、木の細胞が死なないこと。乾燥により、強度が下がることや防虫効果が失われることはありません。この点が機械乾燥で木の細胞を殺してしまう一般的な住宅との違いです。

同じく、一般的な住宅との違いとして挙げられるのが、最新技術を用いた地盤調査と住宅基準以上の強さを誇る基礎です。高砂建設はスウェーデン式サウディングで水位をチェックし地震波を利用した地盤調査で地盤の強度を測定しています。徹底的に地盤を調査しているので、とりあえず杭を打つなど無駄な作業をする必要がありません。

しっかりと管理した地盤の上に作るのが耐圧ベタ基礎です。この基礎の特徴は、耐圧盤・立ち上がりとも一般的な基礎配筋を上回ること。屈強な基礎の上に耐震性能の高い住宅を建てているのです。

家づくりで見逃せないのが、WUTEC-SFを使用している点です。WUTEC-SFは、国土交通大臣認定「壁倍率2.6」を誇る耐震・制振壁です。この装置の特徴は、高純度のアルミニウムを用いていること。金属の変形を利用するので、速度に影響されず短周期地震・長周期地震に同じ効果を発揮できます。また、気温による影響も受けません。もちろん、メンテナンスも不要です。

これらの特徴により、高砂建設は耐震等級3を実現しています。

高砂建設の住宅の断熱、省エネ

高砂建設が建てる彩樹の家は、断熱性能・省エネ性能にも優れます。大きな特徴といえるのが、夏には夏に適した・冬には冬に適した断熱を行えること。この特徴は、二重通気と外断熱により実現されます。

彩樹の家は、躯体内外に設けた二重の通気層により上昇気流を作ることが出来ます。SC小屋裏ダンパーを開放することにより、室内の熱や湿気を排出することが出来るのです。よって、夏はTシャツを着たような涼しさを感じられます。

また、基礎から屋根の上まで「地球温暖化防止 環境大臣賞 技術開発・製品化部門」などを受賞した断熱材ですっぽりと覆われています。家全体が高性能な断熱材で覆われているので、外の冷たい空気の影響を受けることや室内の暖かい空気を逃すことがありません。また、冬は地熱を取り込み、足元から家全体を温めます。よって、家中どこにいてもダウンジャケットを着たような温かさを感じることが出来ます。

窓に樹脂サッシを採用している点も見逃せません。窓は、熱の影響を受けやすい場所だからです。樹脂サッシを採用することで、窓から入る熱・窓から逃げる熱を抑えて断熱性能を高めています。

以上により実現されるのが快適な住み心地です。彩樹の家の室温は夏25~28度・冬16~20度(エアコンを使用しない場合)、湿度は1年中40~60%に保たれます。夏も冬もわずかなエアコンの使用で快適な住み心地を保てるので、暖冷房負荷を大幅に減らすことが出来ます。断熱性能に加え省エネ性能も高いというわけです。

ショールームについて

高砂建設は県内に5つの展示場と、体感型のモデルハウス・ショールームがあります。さいたま新都心の体感モデルハウスでは、檜・桜・パインの床材のほか、実物大の構造模型を設置。高砂建設の技術を間近に見ることができます。構造材だけでなく建具や家具も木材を有効活用しているので、木の心地良さを肌で体感したい方にはおすすめです。

高砂建設の情報

企業名 株式会社高砂建設
会社設立年 1975年
アクセス JR蕨駅より徒歩4分
住所 埼玉県蕨市中央1-10-2
保証内容 超長期継続型保証システム(永続的に更新)